食事 グレープフルーツジュース

食事が喉を通らない

 

 

 

食事が一切喉を通らなかったことが一番つらかったです。(食べることが大好きなため) また、口にするものも限定されていましたが、頭の中に浮かべる時にまた気持ち悪くなるので、文章にしたのですが、それでも気持ち悪いという、どうしても伝えることが出来ない時期がありました。仕事もしていたので、安定期になるまであまり知られたくない事もあり、体調を崩すこともできないし、あまり頻繁に有給を取ることもできなかったので、一日の大半は寝て過ごし、水だけは抵抗なく摂取できたのでで、いつもペットボトルの水を飲んで過ごしていました。 食べられたのが、ファミリーマートの「ファミポテ」のみでした。主人が仕事の帰りに買って帰ってきてくれるのですが、もう少し食べたい!!と思っても、それを伝えられず、1本食べては水を飲み、空腹を紛らわせました。 そのような体調だったので、電車通勤がとてもつらく、席を譲ってもらいたかったのですが、何かの匂いに反応して気持ち悪くなるのが怖く、マスクで通勤していたのでなかなか伝えられませんでした。

 

 

葉酸サプリには、たくさんの栄養素が含まれているものがあります。
妊娠中の方は特に、葉酸サプリの働きについて、知っておくと良いかもしれません。

 

また、人気のネイチャーメイド葉酸サプリについて知りたい方は、こちらがおすすめの記事です。
同じ葉酸サプリならベルタ良いと言われていますが、実際にはどうなのか、どのような点で良いのかを知っておくことも大切ですよね。

唯一飲める水を飲む。音楽をかけて気分を紛らわす。仕事に没頭する

 

 

 

解決策は、正直な所ありませんでした。時間が解決してくれたように思います。一番つらかったつわりの時期は、食べ物を考えたり言葉にするだけでつらかったのですが、少しずつ和らぎ、伝えられるようになってからはできるだけつらい状態を主人に聞いてもらっていました。仕事で疲れて帰っているけれど、主人にしか話せなかったので本当にありがたかったです。つわりが始まり1ヶ月経った頃に、すっぱいものが食べたい衝動に駆られ、いつもグレープフルーツジュースを飲んで、気を紛らわせていました。デスクワークだったので、肩周りが凝ってくると血の巡りが悪いのか、余計に気持ちが悪くなっていましたので、1時間〜2時間たったころにトイレに立ち、必ず肩周りを回したりして血行を良くしていました。(時間を忘れてしまうので、1時間のタイマー設定をして自分で分かるようにしていました)その後、食べつわりに移行し、ガムやグミを口に入れて仕事をしていました

こんな記事も読まれています