ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

 

 

 

"経済的に十分な教育などを施しながら、自分たちの生活の質も落とさずにやっていけるのかが、最も大きな不安でした。

 

子供を育てると言う漠然とした物事しかわからず、自分に何ができるのか、何をするべきなのかもわかりませんでした。

 

そして、自分たちのこれまでの生活リズムや質が、子供という存在によってどのくらい変化していくのかも予測できず、漠然とした不安にかられていました。

 

はた、現在右肩下がりの日本の状況下で、子供を産む事が、子供自身にとって良いことなのかどうか不安になりました。

 

生まれてきた子供が本当に幸せになれるか、生まれてきた事を悔やむことは無いのかと。

 

そして、主人が子育てにどのくらい協力してくれるのかも不安でした。一人ですべての育児を行える自信もありませんでしたし、主人自身が子供好きではなかったので、余計に不安になっていました。

 

自分自身が、片親の期間が長かったこともあり、子供を育てるならば、でき得る最高の環境下で育て、愛情もしっかり感じてもらいたいという思いから、そのような不安が出ていたのだと思います。"

補助制度 学資保険 父親子育て 父親変化 教育

 

 

"まず経済面においては、妊娠・出産に関わる補助制度を調べました。いつ、どんな時、どんな場合に、どのようなタイミングで申請できるのかを先に確認し、申請書などは先に取り寄せ、まとめておきました。

 

教育について、学資保険なども検討しましたが、最終的には、基本中学校までの義務教育においては、そこまでの費用が発生するわけでは無いということがわかり、まずは私たち親が健康に働くことが重要だと、改めて認識しました。

 

主人の子育て参加については、主人との話し合いの時間を定期的に時間とテーマを決めて行うようにしました。子育ての方針はもとより、お互いにこれだけは譲れないという、子育て以外のプライベートなことも確認し、どうすればお互い気持ちよく育児ができるのか、子供に愛情を感じてもらえるのかを一緒に考えました。これは長い時間話すのではなく、毎回テーマや制限時間を決めるなど、一定のルールを作った上で行いました。そのおかげで、私自身はもちろん、主人も心の準備ができたように思います。"